2009年12月25日

SOUND+1「白鴎大学ハンドベル・クワイア+千住真理子」

12月25日夜10:00〜10:50にNHK BS2のSOUND+1にて、
千住真理子さんが出演されます。

白鴎大学のハンドベルクワイアとの共演です。

どんなことになっているのか?
楽しみです!

↓音が出ます。ご注意を!
http://www.nhk.or.jp/soundplus1/

↓NHKの番組表です。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-25&ch=12&eid=3218
posted by kumukumu at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

Saint Voxの2人からクリスマスカード!

Saint Voxの2人。
そう、Jadeと宮本笑里さんのこと。

先月、発売されたSaintVoxのプレゼントに応募したところ、
100名に選ばれて手元に届きました!

宮本笑里さんは、現在、CMにドラマ主題曲にと大活躍されている方です。

大感激です!!!

こんな感じ!

RIMG0024.jpg

RIMG0025.jpg

素敵です。
posted by kumukumu at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

クラッシックミステリー名曲探偵アマデウス「パガニーニ;24の奇想曲」NHK うむ〜

よく見る好きな番組ですが、
今日はパガニーニでした。
バイオリニストは久保陽子さん。

パガニーニは奇人として有名ですが、
本当のところはどうだったのでしょうね。

楽曲、演奏スタイル、ライフスタイル、何から何まで変わっていたようですが。
クラッシック音楽ばかり聴き続けると、
ふっと聴きたくなるのが、決まってパガニーニだったりします。

初めてのバイオリニストのCDを買う時、
パガニーニだと、そんなに気に入らないということもなく、
買いやすかったりしています。

BSHにて22日午前8時〜8:45に再放送の予定です。
興味のおありの方、どうぞご覧になって見てください。
posted by kumukumu at 21:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

のだめカンタービレ!好調!初日の概況が発表されました。加えて世界へ!

のだめカンタービレの初日の概況が発表。
東宝の発表によると、出足が好調で、この調子で冬休みに入ると、
興業収入は40億円が確実とのことです。

おまけに、香港、マカオ、台湾、シンガポールでの公演が決定のようです。

http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=196402

のだめが世界に! うそのような、本当の話。
おめでとう!!
posted by kumukumu at 20:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝!のだめカンタービレ12月19日 今日からロードショー!!

大好きなドラマ!
のだめカンタービレがスクリーンに帰ってくる?
もう、コミックの方は23巻で完結してしまっていますが、
ドラマ、アニメの方は、これから最終楽章です。

特に私は、ドラマ版のファンなので、楽しみにしてきました。
いよいよ始まります。
↓映画、公式サイト
http://www.nodame-movie.jp/index.html

↓フジテレビサイト
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index.html

日曜日には、マングース君が横浜そごうの紀伊国屋に現れるとの情報もあります。要チェック!
posted by kumukumu at 00:37| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

有隣堂創業100周年記念文化公演会 五木寛之さん講演会「今を生きる力」

五木寛之さん.jpg

16日の夜は『有隣堂創業100周年記念文化講演会 五木寛之さん講演会』が横浜の関内で行われました。
満喫いたしました。

講演会を満喫というのも変ですが、
見事に予想を覆し、本当にお元気な語り口で、
時にはユーモアをまじえながら、
「今を生きる力」という重いテーマをお話されました。
開演6時30分から、8時まで、休憩なしのノンストップで、
一気に話されました。
すごい! 実際、あまりのお話ぶりに、言葉がありません。

内容は、受け取り側によっては様々な解釈があるかと思いましたが、
私には、躁と鬱の時代の説明が印象に残りました。
*途中から聴いても楽しめる、いろいろな話題が満載。
 さすがに、言葉が豊富で、情景が目に浮かぶようでした。
 TVで育った私は、こういう体験が非常に乏しく、
 本当に感激いたしました。
 (・・・こんな貧しい言葉しか出てこないなんて。
 私は日本語を知らないで生きてきたのかもしれない。
 そのくらい、臨場感のあるお話ぶりでした。
 作家の方を差別する気は毛頭ありませんが、
 話すのは本職ではない、などというレベルではありませんでした。
 言葉を選び抜かれ、紡いでこられた、貫禄に圧倒されました。)
 
 
最後に、  
 鬱の時代が、決して悪い意味ばかりではない事、
 そんな時代に生きるのは、人間中心の考えではなく、
 いのちあるものが、人間だけではなく、植物なども含めた生命が、
 いのちを尊び、感謝の気持ちで共生していく。と、いう生き方。
 資源の枯渇を恐れ、温存する、
 人間のための「エコ」という考え方、生き方は、間違いである。

日頃、感じていたモヤモヤとした感情が、一瞬に吹き消されたような、
爽快感の残る、講演でした。

1時間30分という時間に、良くこれだけの内容を詰め込めるものだと、
感心いたしました。
*私の感想は、思い返したときに最初に浮かんだ言葉を書いただけで、
 何倍もの楽しいお話をされていました。

おいしい和菓子の残る地域は、金沢と松江。
と、いうのも、松江ファンの私にはうれしい言葉でした。

これが、日頃、有隣堂書店さんで本を買い続けてきたお礼だとしたら、
最高です!有隣堂さんこれからもよろしくお願いします!
 
 
posted by kumukumu at 00:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

DepaclaU知りませんでした。2人組ギター!DEPAPEPE!

今日は、仕事帰りに横浜のTOWER RECORDSへ。
何かないかと、視聴しまくり。
*ネットもいいけど、お店で立ち読みならぬ、立ち聞き。。。
(ここは、普通、試聴ですね、ちゃんとヘッドホンもしてますし)

で、DEPAPEPEって???
何て読むんだろう・・・
から始まって、妙にお薦め、人気盤みたいなディスプレイ。
通常、POPなクラシックには手が伸びないのですが。

今日は、ジャケットに“監修;千住明”の文字!!
お兄さん!(千住真理子さんのですが。。)
と、取敢えず聴いてみました。

BGM然としたものが多いなか。
心に染みました。
しっとりとした心地よい音色です。
曲は、
1.交響曲第9番〜第4楽章/ベートーベン
  53名!のアマチュアギタリストを招き大演奏会。
2.威風堂々/エルガー
  どう表現するのか、はらはらしながら聴き入るも、最後はなるほど!!
 *この段階で、買ってみることに決定。
3.結婚行進曲/メンデルスゾーン
  おもしろい!
4.グリーンスリーブスによる幻想曲/ヴぉーン・ウイリアムス
  ふむふむ
5.アダージョ/アルビノーニ
6.亡き王女のためのパバァーヌ/ラヴェル
  あぁ、この曲、今年は何回聴いたことでしょう。
  『海のエジプト展・・・』
  千住真理子さんのバイオリンがまた聴きたくなってきた。
  この曲のメロディとエジプトと、千住さんのバイオリンの音が
  つながってしまった。今年のお気に入りですね。
7.トルコ行進曲/モーツァルト
8.天国と地獄/オッフェンバック
9.夜想曲第2番/ショパン
  来年はショパン・イヤーですね!楽しみ。
10.主よ、人の望みの喜びよ/バッハ
  バッハってすごいですね。
  いろいろなバージョンで聴いてきましたが、外れがなく楽しめる。

3曲目以降は、自宅で聴きました。
家族も気に行った様子です。
Uということは、Tがあるってことですよね。
もっと、聴いてみたいな。

↓彼らの公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/depapepe/   
このアルバム、12月2日に発売になったばかりでした。
がんばれ デパクラ! でなくデパペペ!! 
  いったいどういう意味? でぱぺぺ。。。
posted by kumukumu at 00:19| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

スズキ・メソッド 子供バイオリン教育法について

なんとなく思い返して、
『愛に生きる 才能は生まれつきではない』を読んでみた。

書かれたのは昭和66年。
40年も前のこと。

バイオリンの初級教則本は、ものすごくメジャーな存在で、
バイオリンを弾かれる方で御存知ない方はおられないと思う。

スズキ・メソッドは、単に幼少者教育の一方法論と思っていて、
大人になった(年齢だけ?)私には関係のない話と気にもせず今までおりました。

ところが読み始めて間もない時点で、
『すべての文化的能力は内部から遺伝によって発生するのではなく、
 外の環境条件に順応して、内部に育つのである。
 〜すぐれた素質をもって生まれているということの意味は、
 環境に順応する感度・速度がすぐれているということです。』
 とはじまったのです。

どういう展開になるのかは、これからですが。
手放せない本となる予感がします。

練習、訓練、習慣が、可能にしてくれることとは。。。

子供だけではなく、大人にも有効であるかも。
(脳科学者の)苫米地氏の本などと併読すると、
大人でも可能性を持って生きられるという希望が見えてきそう。


寝られなくなってきた〜
明日は、今日は月曜日。寝よっ。

posted by kumukumu at 02:33| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。