2009年06月28日

10年カメラ?

先日のOlympusPenの影響か、はたまた、MichaelJackson shock!の影響か、実は、不景気の影響か・・・。
最後のカメラ。最後に買うカメラって。ないかな。
と、近辺では最大の売り場面積。たいていのモデルの揃う量販店。
とご意見頂戴に、敷居の高いフィルムカメラの部品?レンズ以外よく用途の分からないものをたくさん扱ってらっしゃるお店に行ってきました。
やはり、1997頃から2年に一度というペースでカメラを買い替えているのは納得いかないかなという思いが強まったためです。
*フィルムカメラのOlympusPenは、生まれた頃から最近まで現役でした。
対して、デジタルになってからは、一見コストパフォーマンスに優れるようですが、電池の持ちが悪い〜メディアの容量〜動きの速いものがとれない〜暗い所が撮れない〜なんてことで、便利さ(実用性?)に誘われ(価格も下がっていくので余計に流されて行きました)買い増し
(下取に出すのも思いきれなく。。。←ここがPOINT。そのまま家にあるので買い増し・・・て写真マニアでもないのに5台。)赤ちゃんを撮ろうと思うと、店員さん曰く、上記の能力がカメラ側に足りないからだと説明がありました。

今回考えているのは、上記の能力を備えることは当然ながら、
動画も撮れること。本体も、できればコンパクトで携帯しやすいもの。
カメラの形をしていること。
*携帯でもカメラの機能はありますが、
 携帯で記念写真は真剣に向き合ってもらえず、
 まともに撮れたためしがないのです。シャッターチャンスを待つという熱意も薄いのも事実ですが、同じ私が、デジカメを出して構えると反応が明らかに違うので心理的に違う何かの作用があるのでは?と思っています。

話は戻りまして、カメラコーナー訪問の結果ですが、
同じような相談も増えているようすで、
コンパクト機も飽和状態で、継続的なアップグレード用品のある
一眼レフタイプのもので、コンパクト機のような動画機能も付加した
タイプが揃い始めているそうです。
Cannon、Pnanasonic、OlympusPenなどがそういう機種になるようです。

コンパクト機もハイビジョン対応など各社出しており、
*ただ、圧縮形式がばらばらで。。。(←一眼タイプも状況は同じ)

という状況でした。

これは、最後の6台目ではなく、7台目の始まり?(店員さん曰く、アップグレード用品など買い足していけば、メーカーの規格にしばられていくので、簡単には買換えは出来なくなりますから。安心してください!にっこり??????)

素敵!完璧な将来の展望!
一理あるなと思いつつ、「強欲資本主義」という言葉が妙なタイミングで頭に浮かび(マインドマップを習い始めてから、連想壁が。。。ついておりまして。。。)我にかえって、ついでに家に帰りました。

*帰りに立ち寄ったオフィス街の、ひと気の少ないおしゃれなCoffee店での、間違えて発注(アイスの一言が出て来なくて)のHotの一杯&Cakeが、予想を上回るおいしさで、本日の収穫でした。
こんどは、本でも持って遊びにこよう。

まだまだ、決断への道のりは遠そうです。
posted by kumukumu at 02:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。