2010年03月07日

7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラムを終えて。

普段使わない筋肉と使った後、みたいな感じです。
正直なところ、7日間で終えることは出来ていないので、
効果の程を語る資格はないのかもしれませんが。。。
*途中、何度も出来ない日ができました。
 「取敢えず、最後までいってみよう!」
 と半ばやっつけ仕事でDVDプログラムのみ先にやってみました。
*解説にはレッスンが約7日〜2週間あいた場合STEP1からやり直すよう指示があります。

DVDプログラム以外にに解説書には、
聞きとった音をノートに書きだしたり、自分の声を録音したりと、
いったプラスαの余裕のある人向けの方法も紹介されています。
私はまだ、完全にやり終わってはいないということにもなるのかも。

まず、DVDプログラムのみを、試した場合。
☆所要時間☆
一日2時間〜パソコンにかじりついて、やっと終わる感じです。
スキルの高い人で、簡単に回答出来ても、一問づつにはプログラムが先に進むための時間が2分弱かかると思います。パソコンの処理能力次第で多少は速くなるかもわかりませんが。

*私は、途中から、ハードディスクにコピーできるソフトを購入して、
DVD-ROMから読み込むスピードと回転音を取り除く手段を講じました。

☆一日当たりの出題数☆
STEP1 5つの音の聞き分けトレーニング 60問
STEP2 最初の3語を聞き分ける、疑問文の回答トレーニング各50問
STEP3 単語のイメージ化 30問。フラッシュバック&かたまり単語 300門
STEP4 ・同意語+かたまり単語 54問
    ・位置のイメージ化 47問
    ・感情のイメージ化 50問
    ・前置詞、その他のイメージ化 50問
STEP5 並べ替え(基本編)フラッシュバック 50問
STEP6 並べ替え(応用編)フラッシュバック 50問
STEP7 ・写真を見て自由に説明 20問
    ・単語を説明する(写真付き)20問


☆簡単な感想☆
@STEP3〜4が問題が多く時間が長時間になり、
 1日で終えようとすると非常に疲れる。
A逆にSTEP5〜7は、理解が進むというより、
 問題数が減っていることで、楽に感じた。
 英語が身についてきた?と、勘違いするほどではなかったけれど。。。
B終盤に向かい、STEP7は、とても楽しいプログラムに思えました。
 STEP7だけ、もっと問題が多ければいいなと思ったほどです。
Cプログラムとしては、共感を覚える内容だと思います。
 独学プログラムでは、元々、限界があるのだと思いますが、
 現在では、こうしたパソコンを利用したものの中では、
 英語を”無意識”のなかで、感じる?までの方法を解説しようとしている点では、
 異色であり、まだ、完全ではない部分もありながら、説得力を持つ点は、
 快作といえるのではないかと思いました。
 日本語を母語に持ち、全てを日本語で処理している自分が、
 英語を本当に理解して、使いこなせるまでには、まだまだ、
 不明な点も多いので、こうしたプログラムが開発されてくるのは力強い限りです。

これからも、がんばるぞ!



posted by kumukumu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。